Category Archives: 旅行

Pliny the Younger に挑戦!

クラフトビールブームのアメリカ。ある酒屋さんで
〝この間さ、ヤンガーくださいって来た人がいたよね。勉強してから来いって言いたいよ”
と話しているのを耳にしたのは数年前のこと。(店員さんを責めてはいけません。彼らは疲れているのです。毎年2月に同じ質問をそれこそ数百回も受けるみたいですよ!)

このヤンガーと言うのはカリフォルニアにあるロシアンリバーブルーイングが一年に一度提供するトリプルIPA、Pliny the Younger のことで、毎年発売の2月になるとお店の前が大行列になるビールなんです。 Continue reading

渋谷ヒカリエのビアカフェ&原宿・中目黒タップルーム

前回の続きです。

逗子の次に向かった先は、行ったことが無いところに行ってみたいという私のリクエストに、優しいゆみこさんが選んでくれたのが渋谷ヒカリエにある女性をターゲットにしたビアカフェ iBEER Le Sun Palm アイビア ル サン パルム。麦雑穀工房のお二人も初めてとのこと。平日の午後2時、ビールを飲んでいる人はいませんでしたが、店内は女性客でほぼ埋まっていました。男性は一人ではちょっと入りづらいでしょう。。 Continue reading

ヨロッコビールさん醸造所を見学

ぬるく暖かいカリフォルニアからこんにちは。
地球はどうしちゃったんでしょ?今日の予想最高気温は17度!去年の今頃は寒すぎてしもやけなんて出来てたんですが。。

さて、前回の続きです。日本へ行くなら、絶対に行きたいと思っていたブルワリーがもうひとつ。それは逗子にあるヨロッコビールさんです。

ヤッホーブルーイングさんへ行った翌日、麦雑穀工房のお二人の好意にまたまた甘え、湘南新宿ラインで電車の旅です!

IMAG4015

 

Continue reading

ヤッホーブルーイングさんに行ってきました

あけましておめでとうございます!(^_^)
今年も皆様にとって良い一年に、そして美味しいビールと楽しい出会いがある2015年になりますように。

さて、私たちは日本で年末年始を過ごし、いくつかの醸造所とパブにお邪魔してきました。

まずは長野県にあるヤッホーブルーイングさんについて。
ヤッホーブルーイングの皆さんは本当に勉強熱心で、メールで質問をお受けしたり、アメリカにいらっしゃる際にはビアバーでご一緒させて頂いたりと、私たちも沢山勉強させて頂いてます。

自分の休暇を使って会社が出店するビアフェスの為に渡米していた皆さん。
会社のお金で出張しているので、と、恐ろしいほどの安宿に泊まるれいさん
ビールのお話しの合間に、長野の美しい雪景色の写真を送ってくれる博士

皆さんのがんばりを良く知っている私たちは、もちろんヤッホーさんのファンです。

ファンとしては、やはり醸造所へ行かなくては!と毎年思っていたのですが、なんと麦雑穀工房のお二人が案内してくださることに。

楽しい道中♪ 途中の横川休憩で初の釜めし!(←遠足気分)

IMAG3998

カリフォルニアには無いハイウェイのサービスエリアにテンション上がりました。 Continue reading

オレゴン州ポートランドの旅 最終回 美味しかったブルワリーのリストなど

オレゴン州ポートランドの魅力は何かと聞かれたら。。

IMAG3545もちろんビールは美味しいし、ブルワリーもパブもたくさんあるからビール好きにはお勧めの街だけれど(最後にリストを載せますね)

IMAG3507一番印象に残っているのは、街中で観光して、ビール飲んで楽しんだ後に、電車でほんの20分ほど行けば

IMAG3487大自然の中をハイキング出来て

IMAG3566美しい庭園でちょっと休憩したり。

IMAG3560それからまた街に戻って飲む。。と。 なんていうんでしょ、温泉に入って上がって入ってを繰り返すのが気持ちいい様な。それがポートランドの街のサイズと、公共交通機関の発達で、旅行者が気軽に楽しめる。それは凄い魅力だと思いました。

街にはビール以外にも楽しい観光地があります。下写真は世界で一番小さな公園にギネス認定されている公園。

IMAG3508小さっ!! ぶらぶら歩いて酔いを醒ましながら、こんな場所を見て回るのも、ほんと楽しい(これが楽しいと思えるかは意見の分かれるところですが、私たちはこういうものについフラフラと引き寄せられてしまうのですよ)

クラフトビールが飲めるゲーセンもあります。

IMAG3526マシンの横にグラスホルダーが付いてる本気具合。大人の遊び場ですな。

というわけで、どこかアメリカに旅行に行ってみたいなーと思っている方がいらしたら、オレゴン州ポートランドはお勧めです。次回はレンタカーを借りて、ポートランド以外の街にもぜひ行ってみたいですね!

普段はどちらかというと、遊びに来てくれる方々を案内する機会の方が多い私達ですので、今回の旅はそういった意味でもとても勉強になりました。

このブルワリー聞いたことないな~飲んでみよう、とバーで飲んでから、後にホテル近くのコンビニでボトルを売っているのを見つけてがっくし。。とか。(せっかく現地にいるなら、まだボトリングされてないビールを飲んでみたいと思いません?しかも酒屋さんでもなくコンビニだしッ ぐやじー)

また、カリフォルニアで見たことのないボトル達を目の前にして、どれを買うべきかすっごく悩みました!これはきっと、日本から遊びに来て下さる皆さんがアメリカで体験することですね。

以下は、私たちが今回飲んだ中で気に入ったブルワリーのリストです。有名どころも、そうでもない処もあるかと思いますが、もし見かけたらぜひ飲んで、皆様の感想など聞かせて頂けたらうれしいです(^_^)

リストは順不動:

Barley Brown’s Beer
Baker City, OR
Handtruck Pale Aleは非常に繊細で、良く出来ているペールエールでした。他のスタイルもぜひ飲んでみたいです。

Crux Fermentation Project
Bend, OR
Fresh Hop Crustal Zwickleを頂きました。爽やかなアロマと上品な苦み。

Awesome Ales
(Tenant brewer), OR
名前に惹かれて飲んだのですが(笑)French Pale Aleは飲みやすく、セゾンのような深みもあり。

Baerlic Brewing Co.
Portland, OR
Stay Fresh Ultbier 苦みの中の仄かな甘みがアクセント。

Green Dragon
Portland, OR
こちらも名前に惹かれてオーダー。Sophie Fresh Hop 素晴しいアロマ

Hopworks Urban Brewery
Portland, OR.
The Freshmaker! 安定のおいしさ。オーガニックというところも強力な武器。

The Commons Brewery
Portland, OR
全種類試飲しましたが、特に気に入ったのがFresh Hop Myrtle.酸味と苦みが素晴らしいバランス。

Hair of the Dog
Portland, OR
ブルワリーではメニューに ”? from the wood” がありましたら是非お試しを!毎回とても面白そうなビールが楽しめそうです。

+++++++++++++++++

ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました。

オレゴン州ポートランドの旅 準備編
オレゴン州ポートランドの旅 ビール編
オレゴン州ポートランドの旅 オ州酒のレッドさんに会ってきたヨ♪
オレゴン州ポートランドの旅 食事編

また次回、旅行記が書けることを楽しみに冬を乗り切りたいと思います!次は日本に行きたいなー。

オレゴン州ポートランドの旅 -食事編

準備編はこちら
ビール編はこちら
オ州酒のレッドさんに会って来たヨ!編

太ったーーー!絶対に太った。。でも怖くて体重計に乗れないYO!
今回の旅で連れ帰ったお腹周りのポートラン子(と名付けた)は一向にポートランドへ帰る気配がありません。
というわけで、オレゴン州ポートランドの旅 食事編 です。

オレゴン州ポートランドはとっても危険な街です。治安じゃあごぜえませんよ。夜歩いても危険はナッシングでした(でも女性の一人歩きはやめてね)。

何が危険って

美味しすぎて、食べ過ぎ注意!
さすが食で有名な街ポートランドですね

まずはビール編に登場したDeschutes Brewery Portland Public House。
こちらではマック(マカロニのこと)&チーズ、そしてバーガーを食べましたが、どちらも美味しい!マック&チーズ(Mac & Cheese)は日本ではあまり見かけない料理ですね?これは食事の位置づけとしては日本のラーメンのような感じです。インスタントでも売っているけれど、ちゃんとしたところで食べれば、ちゃんと美味しい。

IMAG3475

湯気の立っている熱々のマカロニ&チーズを、ソーセージの肉汁と脂を絡めて口に運びます。火傷しそうになったらビールで舌を冷やしながら食べる!秋冬にビールと楽しめるお勧めの料理ですので、旅行中に見つけたらぜひお試しを。
Deschutes Brewery Portland Public House
210NW 11th Street Portland, OR
http://www.deschutesbrewery.com/locations/portland

お次はHair of the Dogで食べたサンドイッチ。こちらはクラフトブルワリーで提供するフードの王道ですね。大好きHair of the Dog.

IMAG3497 (2)パンにお肉をガシッと挟んで、チーズとピクルスをぎゅっと押し込んで、チップスを添えて、はいどーぞ!(^_^) サンドイッチパンにはバターを塗って軽くトーストしてあります。(こうすることで、肉汁でパンがふやけるのを防ぐのです。カロリー?なんですかそれ?)かぶりつくと顎まで肉汁が垂れてきます。うまーーーい!こういう肉肉肉としたお料理に、Hair of the Dogの高アルコールビールは良く合います。
Hair of the Dog Brewing Company
61 SE Yamhill Street. Portland, OR
http://www.hairofthedog.com

お次はこちらBRUNCH BOX。レッドさんのブログで紹介しているフードカートも出している有名店です。レストランはポートランドダウンタウンにあり、クラフトビールも飲めます。

IMAG3529オレゴン州ポートランドでしか食べられない(というか食べない?)ものを、とポートランド在住のマイケルの悪友が連れて行ってくれました。(この悪友と知り合って私は10年程になりますが、彼が長ズボンをはいているところ見たことがありません。こういう小学生、昔いましたよね?)

それでは皆さん。まずはBLTサンド(ベーコン・レタス・トマト)をイメージしてください。それに更にハンバーグとスパム、卵、チーズを入れます。そして挟むパンはグリルドチーズサンドを使います。つまり構造を上から書くと:パン・チーズ・パン・卵・ベーコン・レタス・トマト・ハンバーグ・チーズ・スパム・パン・チーズ・パン になります。

IMAG3536ちなみに野菜嫌いならレタストマト抜きでオーダーすることもできます。そういうオーダーも可能と悪友が教えてくれました。(彼が食べられる野菜はブロッコリーだけなのです。)でも逆に肉無しでオーダー出来るかは定かではありません。

美味しいですよ!不味くなる要素が入っていないので美味しいとも言えますが。お腹が空いてハングリーライオンの時にぜひお試しください。
BRUNCH BOX
SW 5th & Stark Portland, OR
http://www.brunchboxpdx.com

こちらも有名店。Pine State Biscuits。ビスケット&グレイビーのお店です。

IMAG3570 - Copyビスケット&グレイビーも日本ではあまり見かけないお料理ですね。説明しますと、昔々、アメリカ開拓時代。生き延びるために狩りに行き、夜明けと共に畑を耕し家畜を育て、木を切って土地を更に開拓していくという重労働の日々を送っていたアメリカ人達にとって、朝食はとても重要な食事でした。なるべく高カロリーなものを食べる必要があったわけです。そこで焼いた肉から出る肉汁を煮詰めてグレイビーソースとして、ビスケット(アメリカでいうビスケットはケンタッキーフライドチキンのお店で付いてくるビスケット)にかけて食べていました。

IMAG3572今ではこんなコッテリした朝ご飯を食べるほどカロリーを消費しませんが、朝食メニューとしては現在もアメリカのレストランで良くみかけます。このレストランは専門店で、お肉だけではなく、キノコ類から出る出汁を使ったグレイビーも使われています。ビスケットもカリッそしてフワッと焼けていて美味しかったです。

このグレイビーソースというもの。食べ慣れない日本人には口に合わず、あまり好きになれないという在米日本人も多いです。私は好きですが、食べた後は必死に体を動かす必要があります(笑)
Pine State Biscuits
1100 SE Division #100 Portland, OR (他ロケーションもあります)http://www.pinestatebiscuits.com

最後にご紹介するのは、コーヒー店。Coava Coffee Roastersです。

IMAG3575こちら以外にもSTUMPTOWNなどへ立ち寄りましたが、ここのが一番!ラテは今まで飲んだ中で一番のおいしさ。

IMAG3576ビール編で紹介したHair of the Dog、Cascade Brewing Barrel House、そしてCommons からも徒歩で10分程度。また路面電車の駅のすぐ横ですので、コーヒーがお好きな方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。
Coava Coffee Roasters
1300 SE Grand Avenue Portland, OR (他ロケーションもあります)
http://coavacoffee.com

次回は最終回。旅のまとめと感想など(^_^)

オレゴン州ポートランドの旅 -オ州酒のレッドさんに会ってきたヨ♪

準備編はこちら
ビール編はこちら

準備編ビール編の次は、いよいよポートランドでのメインイベント。オ州酒のレッドさんに会いに、待ち合わせのLardoへ。レッドさんとは数年前からメールでやり取りをさせて頂く間柄だったのですが、ようやく今回の旅でご挨拶できました。
Lardoは前述のCommons からは徒歩で5分程度です。(他のロケーションもあります)Commonsでは食事を提供していないので、お腹が空いたらここで食べるのがおススメ(と、Commonsのサーバーさんも言っていた)

Lardo
1212 SE Hawthorne Blvd. Portland, OR
http://lardosandwiches.com
他ロケーションは:http://lardosandwiches.com/locations

IMAG3552
ここはビールもサンドイッチもとても美味しくて、外の席が気持ち良いレストランでした。やっぱり地元のレッドさんは良くご存知。(Lardoの美味しいサンドイッチの写真は、ぜひRedさんのオ州酒ブログを見てくださいね) 

Lardoの後は、大好きなCascade へ。すっぱーいビールを堪能してきました。
Cascade Brewing Barrel House
939 SE Belmont Street Portland, OR.
http://www.cascadebrewingbarrelhouse.com

IMAG3559この日はレッドさんと奥様レイさん。生ビールブログとりあえず生!のタカバシさん、そして奥様Yukiさん、レッドさんのお友達のエドさん、スコットさんと会えて大満足。
この後、皆さんはムフフな3件目があったのですが、私たちは帰りのバスの時間があったので、残念ながらお先に失礼しました。

そして翌日はいよいよ、ポートランドフレッシュホップフェスティバル(Portland Fresh Hop Fest) へ!

IMAG3581ノリノリですね!入場前からこのハイテンション。皆様のおかげでとっても楽しかったです!本当にありがとうーー!

IMAG3589
さて、このフェスティバルですが入場は無料。入口でチケットの枚数に応じてお金を払うと、グラスとチケットとビールの説明書きがもらえます。

IMAG3584チケット一枚で試飲サイズ(写真の量)。3枚でグラス一杯分注いでもらえます。

IMAG3588 (2)野外の最高のロケーションで飲みながら、ひたすら試飲の感想を書きまくる私達。でも大丈夫。周りはそういうビアギークなポートランディアだらけでしたね!

IMAG3591このお祭りのことを教えてくれたのは、タカバシさんでした。いつもたくさん教えてくれ、いっしょに楽しんでくれるタカバシさん。これからもいろいろな場所で、いっしょに乾杯してくださいね。

IMAG3590 (2)レッドさんにお会いできたのは本当に嬉しかったです。新しいビジネス、レッドさんなら間違いなく成功するでしょう。何かお手伝い出来ることがありましたら、教えてくださいね。そして次は北カリフォルニアで!約束ですヨ(^_^) そしてYukiさん。マジ美人。ブログ愛読してます♪ 真ん中のYoshiさん。。Yoshiさんについては書き切れません!引き出し多すぎて!でもサンフランシスコに遊びに来てくださるそうなので、その時に再登場してもらうことにします。勝手に決めました。というわけでお待ちしてますゼ!(^_^)

次回は食事編です。どれも美味しくて、お腹周りがぽよぽよになって帰ってきました。。。

オレゴン州ポートランドの旅 -ビール編

前回の準備編に続き、今回はビール編です。

IMAG3477

まずはオレゴン州といえばDeschutes! 醸造所はBendという街にありますが、ブルーパブがポートランドにあります。ダウンタウン内NW(ノースウェスト地区)にあり、電車でも路面電車でも行きやすいのでお勧めです。ちなみにポートランドのダウンタウンは意外と小さく(ロサンゼルスやサンフランシスコをイメージしてはダメですよん)そして駅は、一区間が短いため、万が一乗り過ごしてしまっても、歩いて行けますので大丈夫です。

Deschutes Brewery Portland Public House
210NW 11th Street Portland, OR
http://www.deschutesbrewery.com/locations/portland

IMAG3474まずはテイスティングセットで乾杯!ホップの収穫の時期ということもあり、タップにはフレッシュホップのビールが数多くありました。ここでは夕食も食べましたが、とても美味しかったのでお勧めです!また食事編で紹介させて頂きますね。

2件目は、大好きなHair of the Dog!! こちらはどのビールのアルコール度が高めなので、もし試飲の梯子をするなら最初に行くのがいいかもしれません。私たちは朝からハイキングに行って脂肪やら前夜のビールやら雑念やら様々なものを燃焼させて準備万端で挑みました。ええ、このブルワリーが大好きなんです。うふふ。
場所はダウンタウン内ではなく、川を渡った反対側にあります。路面電車で行って近くの駅で降りてもいいですし、バスもありますが、私たちはダウンタウンから歩いて橋(Morrison Bridge)を渡って行きました。近いです。余裕で歩けます。
Hair of the Dog Brewing Company
61 SE Yamhill Street. Portland, OR
http://www.hairofthedog.com

IMAG3496あーーーおいしっ(^0^) 特にメニューに ”?(クエスチョンマーク)” と書かれていた特別醸造、ベルギーのブルワリーとのコラボレーションが最高に美味しかったです。こちらではランチを食べましたので、また食事編で紹介させて頂きます。

Hair of the Dogからまた橋を渡ってダウンタウンに戻りまして、Bailey’s Taproom。Hair of the Dogからは徒歩で20分くらいでした。
Bailey’s Taproom
213 SW Broadway Portland OR.
http://www.baileystaproom.com

IMAG3501 (2)

 

 

 

 

 

 

 

明るいカフェのような雰囲気。ここは見たことのない、面白いビールが沢山ありました。平日の昼間でこの賑わい。皆さんビールを片手にしゃべったり、本を読んだり。私がこの近くに住んでいたら、午後の仕事効率はゼロどころかマイナスになりそうです。

次は今回の旅でのお気に入り!The Big Legrowlski というテイスティングが出来て、パイントでも飲めて、グラウラーで買うこともできるお店です。街を歩いていて偶然見つけたのですが、ここは大ヒット!
The Big Legrowlski
812 NW Couch Street Portland, OR
http://www.biglegrowlski.com

IMAG3522場所はDeschutesや有名な本屋さんPowell’s City of Bookからほんの2ブロックくらいの距離ですので、ぜひ行ってみてくださいね。

IMAG3523 (2)

試飲はなんと最初の2杯は無料。それから先は1-2ドルという格安です。全15タップ。試飲をしたいというと、まずはどーんと大きなグラスにたっぷりのお水が出てきました。これは嬉しいですね。

IMAG3524 (2)

カウンターと窓際の席のみの小さなお店です。夜はけっこうにぎわってましたが、夕方は静かで、じっくりと楽しむことが出来ました。ちなみに、どうしてグラウラー詰めを売っているの?ビールとフードだけを出したほうが利益があるんじゃない?と聞いてみたところ、ニヤっと笑って ”グラウラーを詰めに来て、それだけで帰る人はめったにいない” だそうですよ。やっぱり飲んじゃうんですね。一杯で済まない人もいるでしょうね。

まだまだ行きますよー。これもポートランドへ行ったら絶対に行きたかったCommons!

The Commons Brewery
1810 SE 10th Street Portland, OR
http://www.commonsbrewery.com

IMAG3547前述のHair of the Dogと同じく、ダウンタウンから橋を渡った反対側にあります。路面電車かバスを使うと便利です。Hair of the Dogから歩くなら20分くらい。

この日は8タップ。もちろん全部頂きました。
“試飲サイズで、4種類ください”
“どのビールにしますか?”
“とりあえず上から4つ”
“どれでもいいの?”
“どれでもいいの。だって後で残りの4つも飲むから”

IMAG3551 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルワリーの人に”次の場所へ行く前に、何か食べた方がいいよ?” と胃壁の心配をされました。

最後にボトルショップ。時間がなくて1件のみしか行けませんでしたが(これだけ飲んでれば十分という気も) ダウンタウンのはしっこですが、路面電車の駅の目の前にあるのでとても便利です。
Peal Speciality Market and Spirits
900 NW Lovejoy St. Portland, OR
http://www.pearlspecialty.com

IMAG3579 (2)

IMAG3578オ州酒のレッドさんいわく、ここはクラフトビールもスピリッツの品ぞろえも良くて有名だとか。お土産探しに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

次回はオ州酒ブログのレッドさんに案内してもらったお店、そしてホップフェスティバルについて書かせて頂きます。

オレゴン州ポートランドの旅 -準備編

9月29日から10月4日まで、念願のオレゴン州ポートランドへ行ってきました!いや~楽しかったです!

オ州酒ブログのレッドさんに初めてお会いし、生ビールブログのタカバシさんとは初めてお互いに元気に会えたり(後述)、本当に実りの多い旅となりました。

まずは準備編。実は私もマイケルも、初!ポートランドだったのです。どこに泊まろうか?移動手段は?などなど、これからポートランドへ行く方の参考になれば幸いです(^_^)

1.遠出の予定がなければ、レンタカー無しでも大丈夫
IMAG3471
これはアメリカでは珍しいですね!行く前に散々迷ったのですが、せっかくのポートランド、ビールをゆっくりたくさん味わいたいと思ったのです(^_^)絶対に行きたいブルワリーが遠方にあればレンタカーをすべきですが、ダウンタウン近辺でしたら電車、バス、路面電車が走っていてとても便利です。なんと一日たったの$5で全線乗り放題なんですよ。本数も多く、滞在中はまったく不便を感じませんでした。

2.ホテルはダウンタウン内(特にRose Quarter近く)か、タウン外ならMAXトレインの駅近くが便利
IMAG3469 (2)
ポートランドには電車(MAX) バス、路面電車があり、この全ラインに乗り換えられる乗り場がRose Quarterにあります。ダウンタウンはそんなに大きくないので、大体数ブロック歩けばどの駅からも乗り換えが出来るのですが、ホテルが沢山あって迷ったらRose Quarter辺りを選ぶと便利です。
ただし、やはり街中はちょっと値段が高くなります。1-2泊ならいいのですが、数連泊となるとちょっと予算オーバーになるかもしれません。私たちは今回、MAX電車で街から20分程離れたホテルにしましたが、値段も安く、静かでとても良かったです。
今回泊まったホテル: Best Western Inn at Meadows は朝食もついてMAXの駅からも近く、とても便利でした!そしてホテル横コンビニのクラフトビールの品ぞろえが良かったです(大事ですね)。

3.ホテルが空港からの無料送迎シャトルを出していたら、ぜひ利用を。
空港からは電車MAXでダウンタウンまで行けますが、ホテルは空港から無料で送迎のシャトルを出しているところが多かったです。ホテルを予約する際に、ぜひ確認してみてくださいね。

4.Pioneer Courthouse Squareにあるビジターセンターは素晴らしい!
街の中心部にあるこのビジターセンターでは、とても親切なガイドさんが面白い情報をたくさん教えてくれます。一番良かったのがこちら。ビールを色々試してみたいと言ったら、出てきたのが:
brewery map

お手製のブルワリーガイド!路面電車の駅から裏はブルワリーの営業時間まで。誰かが作った物をカラーコピーしているみたいですが、印刷されたパンフレットよりも味があって、すっかり気に入ってしまいました。

5.ハイキングは計画的に
IMAG3486
これは当たり前のような気がしますが(笑)町から電車やバスで20分程いくと、美しい森林のハイキングコースが沢山あります。今回はバラ園や日本庭園で有名なWashington Park や、バスで20分ほどのところにあるMontgomery Parkにハイキングへ行きましたが、素晴らしく気持ちが良く、旅行中の食べ過ぎ飲み過ぎの消化にも、気分転換にもおすすめです。ただし!行ったら帰ってくる必要がありまして(当たり前)バスが公園内を走っているWashington Parkは問題ないのですが、旅行中で意外に体力を消耗していることをお忘れなく。軽めのコースがおすすめです。うっかりいつもの調子で出発すると、軽いエクササイズのつもりが、恐ろしくつらいことになります(実体験)

次回は実際に廻ったブルワリーやパブなどを紹介しますね!(^_^)

(後述)レッドさんが名付けてくれたブロガー3兄弟。タカバシさんが2年前にロサンゼルスへ来てくださった時は時差ボケの中を連れまわしてヨロヨロにさせ、私たちが日本へ行った時は私が時差ボケで半眠。マイケル魂離脱。(レッドさんも日本ではローテンションだとか) 今回、レッドさんと私達は時差が無いので元気一杯。タカバシさんも旅行の後半とあって、ようやく全員が目が覚めている状態での出会いになりました。
ということは、やはり次回はサンフランシスコでしょうか?ねっBros!
10672285_944158485599013_8318349271460298208_n

 

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみにこの写真は、ホップフェスティバルで酔っぱらってきた私たちが、三人でトーテムポールみたいにして撮ったら面白いんじゃね?(まさに酔っ払いの心理)と盛り上がってタカバシさんの美人妻Yukiさんに撮ってもらったのでした。)

(ちょっと番外編)オーパスワンに教わったこと。

皆さん、お盆休みは楽しめましたか?(^_^)

北カリフォルニアはここ最近、寒いくらいなんです。最高気温が28度程度で、朝晩はぐっと下がって15度以下になることも。これから旅行を計画中の方は、上着の準備をお忘れなく!

さて、今日はちょっと番外編。友人のお供で先日、カリフォルニアワインで有名なナパバレーにあるワイナリー、オーパスワンへ行ってまいりました。ワインがお好きな方でしたら一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。Beer Study Group なのにビールではなくワイン? と思いますが、かの有名なオーパスワンへ行き、色々と考えることがあったのでここに書かせて頂きたいと思います。

オーパスワンは一種類のワインしか醸造しません。現在テイスティングルームで試飲できるのは、2010年のビンテージ。試飲は一杯40ドルです。

IMAG3280 (2)

 

 

 

 

 

 

 

書き間違いではありません(^_^) 上写真で40ドル。大体他のワイナリーの試飲の相場が4-5種類で20ドル前後ですので、オーパスワンは非常に高いわけです。

ワイナリーのツアーだけではなく、試飲のみでも予約が必要です(当日行って空きがあれば予約なしでも入れます)。行く前にサイトで調べながら、これはさぞかしポロシャツの襟が立っちゃってるワイン通がわんさかと(あっ毒吐いちゃった)いるんだろうな。。と苦手意識を抱きつつ現地へ向かったわけですが、ところがどっこい(古)。ビールでガチガチの私にたくさんのことを教えてくれました。オーパスワンワイナリー。

IMAG3285-2

“ようこそオーパスワンへ。予約をお持ちでない?今日は大丈夫ですよ。現在サーブしているのは2010年のビンテージです。グループでシェアして頂いて結構ですよ。よろしかったら試飲ルームへご案内しましょう(入口と試飲ルームは別)。”

IMAG3279 (2)

“グラスを持ってお好きなところへどうぞ。上のテラスからの眺めもいいですよ。ごゆっくりお楽しみください”

IMAG3284-2

 

 

IMAG3287-2

IMAG3282 (2)

 

 

 

 

 

 

 

“こだわりのワインを造っています。こだわった分だけお値段が高いですが、美味しいでしょ?ねっ?” なんて顔を覗き込んでくるソムリエも、そんな雰囲気もありません。ただ自由に。くつろいで、味わって、楽しんでくださいね。そんな感じです。

IMAG3288-2

 

新しいブルワリーがどんどん出来ているアメリカ。ついビールに集中しがちでしたが、こういうアルコールの提供もある、とビールとは別世界を見せてくれた感があります。

もちろんビールとワインは違いますし、まったく同じ形でのブルワリーは考えられません。もし勝手な想像が許されるなら ”一種類のみの醸造。足を運んでもらったお客様に一杯の試飲と共に、非日常的な贅沢を味わってもらう” -そんなブルワリーがいつか出来る日が来るのかもしれない、とワクワクします。

オーパスワンの試飲40ドル。その価値があったかと聞かれたら、私はその価値があると答えます。それはグラス一杯の試飲だけではなく、ワイナリー内に作られた贅沢な雰囲気とその周辺の景観を含めて、とても満足のいく時間を過ごせたからです。一杯のアルコールを非日常の空間とセットでのプロデュース。面白いと思いませんか?(^_^)

(最後に)

肝心のお味はどうだったかと言いますと、友人は”美味しい!”と大絶賛。帰ってから調べてみると現在サーブしている2010年は歴代のオーパスワンの中でも最高得点を記録しているとのこと。当たり年ですね!今まで辛口の批評家からは、値段に見合わない等々の言われ様だったみたいですが、この2010年は見事な高評価。醸造者のMichael Silacci 氏によると ”Maybe my best vintage yet. ” ナパに行く予定のある方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。